それってうつの症状かも?セルフチェックをしてみましょう

医師

自分でできる心の病の検査

病院

うつ病の診察のきっかけとして、自分で行えるチェック式の検査が普及しています。自分でうつ病のチェックを行う際は、症状が慢性化しているかどうかに注目しながら項目を選び、チェックの結果を医師に伝えることが大切です。

Read More

現代病に強みを持つ医療

カウンセリング

繊細な携わり方が求められるうつの病気には専門となる診療科目を受診することや、受診する目安としてセルフチェックすることで病気に向き合うことができます。このことにより、症状が軽い段階で治療が進み、早い改善や緩和に繋がり、未病として完治するケースも挙げられています。

Read More

やる気が出ないのは要注意

頭を抱える男性

やりたくてもできない・・

「なかなか気分が乗らなくて仕事のやる気が出ない」、「疲れがいつも取れない」、「寝てもすぐに目が覚めてしまう」、「前よりも仕事の能率が落ちた」など、このような悩みを抱えている人たちは多いのではないでしょうか。「よく聞く話だし、大した話ではない。気持ちの問題だ」などと考えている人たちもいるとは思いますが、ここで十分な対処を行わないと後々大変な問題になる可能性もあります。先ほどの悩みは全て「うつ」に関連したものであり、早めの治療・対処を行わないとパフォーマンスの低下や自信の喪失、最悪の場合は命の危険に関わってくる可能性もあります。うつは多くの病気と同じで、早めに自分の症状をチェックし対応することで大きな問題に発展することなく治癒することも可能です。しかし、症状のチェックポイントが比較的身近なものが多いため、問題が軽視されがちであることも事実です。国内における自殺者は減少傾向にありますが、それでも年間で2万人以上の人たちが亡くなっており、その多くには「うつ」の問題が関わっていると考えられています。自分自身や周囲の人々の健康を維持し、守っていくためにもうつに対する情報を整理し、対処を考えていくことは重要になるでしょう。

どのような症状なのか

「うつ」のチェックポイントには、どのようなものがあるのでしょうか。うつの主な症状としては、以下のようなものが含まれています。「抑うつ気分」、「興味・意欲の減退」、「急激な体重減少(増加)」、「不眠」、「不安で落ち着かない」、「疲労感」、「集中力の低下」、「自己評価の低下」、「死に対して反復的に考える」などがあり、この中の1つでも該当する場合は注意した方がいいと考えられます。また、これらの症状が複数あり、2週間以上など長期的に続く場合は専門的な医療機関の受診を行う必要があると思われます。また、うつには「気分の落ち込みや意欲の低下」のみの「うつ病」と、「気分の落ち込みと高揚を繰り返しがある「躁うつ病」があります。躁うつ病の場合は、うつの症状に加えて、「気分の高揚」、「過活動」、「注意の散漫」、「浪費」などが現れますが、活動的になる分、本人も周囲の人たちも対処すべき問題として気づきにくい面があります。その他にも、体の病気によるうつや、アルコールなどの影響によって気分・意欲が障害を受ける場合もあります。いずれにせよ、気分の急激な変化や疲労、不眠、食欲不振などがないか常にチェックすることは、健康的に過ごしていくために非常に重要なポイントと考えられます。

Links

  • うつアカデミー

    うつをチェックするリストが掲載されているサイトがこちらになっています。心の病を抱えているか知りたい方はクリックしてみましょう。
  • うつ病サプリ

    こちらのサイトではうつのチェックをすることが出来ます。症状が疑われたら、サプリなどで治療を行いましょう。

治療法を知ろう

看護師

うつの症状チェックは自宅やスマホなどネット環境があれば簡単に行えます。いきなり心療内科や精神科を受診することにハードルを感じる場合、まずは自己チェックから始めてみましょう。うつは焦らずゆっくり休みを楽しむことで、治療できる病気の1つです。

Read More

信頼できる人に相談する

病院

うつ病のチェックはネット上でできます。疑いのある人は一度、試してみるといいかもしれません。当てはまっている場合には、早急に専門科を受診します。この時、信頼できる人に付き添ってもらうと安心です。家族や友人などにも相談することをお勧めします。

Read More