それってうつの症状かも?セルフチェックをしてみましょう

ドクター

現代病に強みを持つ医療

カウンセリング

休息までが展開されている

うつ病は現代病として周知されるようになり、精神科・心療内科などの病院は全国的に広がりつつあります。こうした病院において、うつ病に対する緩和や改善へ向けた様々な療法が提案されていますが、うつと一口に言っても原因や症状などは様々であり、社会人にとっては職場の環境によって精神科・心療内科を利用する一工夫で予防や緩和へと結び付けることができます。従来型のうつは自律神経が左右されていて、交感神経と副交感神経のバランスがストレスなどによって乱れることで発症しやすく、女性に多く見られる病気の1つでした。しかし、近年では男性の職場うつの発症率が高まり、職場環境によって左右される病気に発展しています。医療業界から推奨されるチェックリストも企業向けに展開され、チェック項目には職場でうつを招きやすい言動や行動なども提案されるようになり、女性の発症率は未だに高いものの、チェック項目に該当する男性の数は一昔前よりも圧倒的に増加しています。しかしながら、隠れうつも未だに多いのも実情として挙げられており、精神科・心療内科などでは企業向けのメンタルケアにも努めてくれるケースが増えています。特に過重労働者の場合には発症リスクも高くなる傾向にあるため、睡眠時間のチェックも重要視されています。睡眠や休息など、リラクゼーションまでが近年の治療に用いられているのも社会人にとって利点の1つに挙げられています。

早い対策や改善策が取れる

現代病として注目されるうつ病の不安感は、社会人が多く抱いているものの、精神科・心療内科へ相談に足を運ぶ決心がつかないケースも実情として挙げられています。こうした社会人にとって、医療業界から提案されているセルフチェックできる方法が人気を集めています。精神科・心療内科などでカウンセリング時に問診される内容もチェックすることができ、該当する項目が多いほど、うつの可能性が出てくるため、病院を受診すべきかの目安に利用されています。うつと似た現代病には自律神経失調症などもあるため、セルフチェックシートを利用する場合には細かな項目数でチェックできる内容のものを利用するのが適しています。ポイントとなるのは1日中、憂鬱な症状が続く、あるいは様々な事柄に興味や関心が無いなど、メンタル面にあります。症状によって精神科・心療内科では治療の提案を行ってくれるのも支持されている特徴で、メンタル面には精神科が活躍し、身体に対する症状には心療内科が携わってくれるため、改善や緩和も短期間で現れやすい魅力も挙げられています。また社会人の発症率が高いものの、近年では高齢者や中高生などの10代にも発症するケースがあり、専門の医療施設の必要性は益々評価されています。