それってうつの症状かも?セルフチェックをしてみましょう

ドクター

信頼できる人に相談する

病院

自分では分からない

うつになる人が増えてきているのはある意味、現代病のようなところがあるからです。ストレスが多い人や真面目な人が発症しやすいと言われています。また、厄介な点は、自分では気づきにくいところです。気づいた時には既に重度な状態になってしまっていることがあります。そうならないようにするためにも、できるだけ早い段階で気づけるようにすることがポイントです。そこで、うつ病かどうかチェックしてみることをお勧めします。ネット上にもたくさんのチェックできるサイトがあるので、活用してみるといいかもしれません。また、自分で気づいていなくても、周囲の身近な人が察している時があります。周囲の人が、うつ病かどうかチェックしてみるというのもいいかもしれません。当然、チェック項目に当てはまれば、早急に治療を開始する必要があります。周囲に協力してもらうにしても、信頼できる人を一人は見つけておいた方が安心です。家族や友人など、相談相手が居るだけで随分と症状が緩和されることもあります。また、自身でチェックするのと他人の視点でチェックするのとでは、結果が違ってくることもあります。自身で思っている以上に状態が悪い場合もあるため、第三者の意見も有効的です。

専門の科で診てもらおう

ネット上でうつ病のチェックを行った際、当てはまる項目が多かった場合には、早急に精神科や心療内科を受診する必要があります。受診に抵抗があるという人は、信頼できる人に付き添ってもらうといいかもしれません。誰でも最初は不安でつきものだからです。また、精神科や心療内科と言っても、いろいろなところがあります。世間の評判から選んでみたり、いくつかを受診して自身に合うところを探してみたりするのも重要です。というのも、うつ病の治療には医者との信頼関係が重要となってくるからです。心の病気なので、信頼関係を築いていないと改善しにくくなります。最近は、新型うつ病などのように一昔前とは違ったうつ病も多くなってきています。一見、元気そうに見える人でも心の病を抱えている場合があります。その点はなかなか素人では見抜けません。だからこそ、専門の科でしっかりとチェックしてもらうことをお勧めします。自身や周囲の身近な人は単純なうつ病だと思っていても、実際は躁うつ病や新型うつ病という場合もあるものです。この判断は難しいものがあるため、やはり専門科で診てもらわないことには判断できません。当然、病気によって治療法も違ってきます。